ママエールは、家事・子育てのストレスを解放させるための女性のアイデアをたくさん取り入れたママを応援する住宅です。



コの字型の玄関収納は約80足の靴が収納できます。
セパレート部分やニッチの中には鍵や小物、かわいい雑貨を飾ることができます。


News
ホワイトで統一した明るいリビングは、吹き抜けが上下階をつなぎ、どこにいても家族の気配を感じながら家事をすることができます。
テクノストラクチャーだからできる大スパンの開口で柱の無い開放的な空間が実現しています。


Concept
一段高くしたスキップダイニングは、キッチンに立つママと ダイニングにいる家族の目線が合う高さになっています。
カウンターは帰宅後の子供たちの勉強スペースにもなり、わからないことがあればお料理をしているママにすぐ聞けて宿題もはかどります。



対面キッチンからはリビング、ダイニングが見渡せるので家族との会話も自然と弾みます。
食器や食品、かさばる調理器具の収納もでき、置き場所に悩むごみ箱スペースも兼ね備えた造付のカップボードは スペースにぴったり納まり、見た目にもすっきりします。


News
アイロンがけをしたり、趣味を楽しめるママコーナーは、スリット窓を通してリビングで遊ぶ子供たちを見守りながら、自分だけの時間をもつことができます。
洗面化粧台は脱衣室と離してママコーナーの隣に設置しました。そうすることによって、座ってゆったりとお肌のお手入れやメイクをすることができます。


Concept
子供たちのおもちゃを子供たちの手の届くところに収納することで、自分でお片づけする習慣づけができます。
毎日着る仕事着や制服を洗面近くに収納できると身支度をするときに便利です。また一時しか使用しないシーズン物もリビング近くに置いておくと、出し入れが楽になります。



ここには家中のお掃除グッズをまとめて収納することができます。
お風呂用、トイレ用、拭き掃除用など、場所ごとに分けてカゴに入れておけばお掃除をするときにサッと持ち出せます。
背の高いモップや掃除機は 下のスペースに収納します。


News
外用のおもちゃやガーデニンググッズ、工具や灯油のタンクなど、土や汚れが気になるものもまとめて収納することができます。
シンクを設置しているので家庭菜園で収穫した野菜の泥を落としたり、釣った魚の処理やペットの手足を洗うことができます。
また、防災グッズや水などの備蓄品、保存食の収納場所としても使用できます。
室内干しもできるので、花粉の時期や夜干しをするときに重宝します。


Concept
洗濯用洗剤や洗濯バサミ、ハンガーなどの毎日使う物干し用品を収納することができます。 洗剤のストックもたっぷり収納可能です。
ランドリーボックスも収納できるので、脱衣室がすっきり使えます。



家族みんなの下着やバスタオル、フェイスタオルなどをまとめて収納できるので洗濯物の片づけが簡単にできます。
子供たちの手が届く位置に着替えをしまっておけば、自分で着替えを準備する習慣づけができます。


News
玄関に近いリビングにお出かけグッズを収納しておけば、さっと準備ができ、帰宅後も片づけがさっとできます。
子供たちが小さいうちは サイドに取り付けたネットの下の方に服を掛けて収納し自分で準備できるように工夫しています。


Concept
風も光も通す開放的なデザイン階段を上ってゆくと、大きな窓で光にあふれたファミリーライブラリーがあります。
ここでは子供たちに絵本の読み聞かせをしたり、部屋に籠ることなく家族の様子を見ながら読書を楽しむことができます。
ブックスタンドにはお気に入りの絵本や雑誌を可愛く収納することができます。



ウォールナットの床で落ち着いた雰囲気の主寝室です。
ベッドサイドにある書斎スペースで 持ち帰った仕事をすることができます。
ベッドとの間に壁があるので、寝ている相手の眠りを妨げません。
室内窓を開けると正面にはファミリーライブラリー、真下にはリビングがあり、家族の様子が覗けます。


News
ウォークインクローゼットには、普段着から礼服までオールシーズンの洋服を収納することができます。
季節ごとの物を色や用途で分けて収納しておけば、洋服を探す手間も省くことができます。
毛布や季節物のベッドリネン、来客用の布団なども収納することができます。


Concept
ママエールのお家には家族を愛するママを応援する工夫がたくさん詰まっています。



LDKと一体となったお庭をコンセプトにしました。
たまにはお庭でバーベキューやお友達とCafeを楽しんだり。
家族の食べる野菜は「家庭菜園」で作ったりと「家」+「庭」を「家庭」で楽しんでいただきたくてコンセプトにしました。







mamatokusyou.jpg