ZEHの取組み

「ZEHの取組み」について
・ZEH(ゼッチ)とは省エネ住宅のことで、2020年までに標準的な新築住宅をZEHにすることを国は目指しています。

・ZEH(ゼッチ)とは「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」の略で「使うエネルギー≦創るエネルギー」になる住宅を言います。

ZEHを実現するためには細かな要件が定められていますが、ポイントは「断熱」「省エネ」「創エネ」という3つの要素です。
断熱

ZEH仕様の住宅は暑さや寒さに影響されにくいよう断熱性能を高めることが必要です。断熱材や窓の性能高め、住宅の断熱・気密の性能を高め冷暖房に使うエネルギーを減らします。

省エネ

「省エネ」にはHEMS(ヘムス)という、住宅内の消費エネルギーと太陽光発電等で創るエネルギーを確認できるシステムが必要になります。また省エネタイプのエアコンや、少ないエネルギーでお湯を沸かせる高効率な給湯システム、消費電力の少ないLED照明などの導入が必要になります。

創エネ

ZEHでは太陽光発電システムなどの再生可能エネルギーシステムを設置する必要があります。「創エネ」で創り出すエネルギーが、消費するエネルギーを上回るようにしなければなりません。

タナベハウスの「ママエール」「FitHouse」ではオプションでZEH対応が可能となっていますので、お気軽に相談ください。